キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 直近IPOというのは何のこと?未公開株と別? : 株初心者解決マニュアル

直近IPOというのは何のこと?未公開株と別?

直近IPOと未公開株は株の初心者が手を出すものではありません。どういうものなのかちゃんと知っておきましょう。

直近IPOというのは何のこと?未公開株と別?

直近IPOは新規公開株のことで、未公開株というのはその呼び方のとおり、上場されていない株のことです。

両者とも株の初心者が手を出すには危険すぎます。

概略をお話ししましょう。

◎直近IPOとは株銘柄の新入りのこと。

直近IPOとは新規公開株の直近の情報・株式銘柄のことです。

未公開株と勘違いしている人がいますので注意しましょう。

直近IPOがデイトレーダーの間で人気があるのは、株価が安定していなくて、言い方を変えれば「値動きのいい株」だからです。

大金を投資して少し値動きしたら売買する。

それを繰り返せば小さな差益を積み重ねてかなりの儲けを出すことができます。

しかし株の初心者がこうした方法を真似て、一攫千金を狙うべきではありません。

◎新規公開株は金儲けの手段に?

新規公開株は、株式市場では上場の洗礼などとも言われています。

ある意味で金儲けの手段にされている銘柄であって初心者ではなく株取引になれたベテランが手を出して、それなりの差益を手にできるものです。

株の初心者がここから入門してしまうと、博打のような投資スタイルしか経験できず、株式投資のセオリーをマスターすることができなくなります。

間違いなく手元の投資資金をゼロにしてしまいます。

何年かの経験者となって、ポートフォリオができるようになってからでも遅くありません。

◎株の初心者が直近IPOに手を出すのも危険ですが、未公開株などという嘘に載せられてしまうのはもっと馬鹿らしいことです。

未公開株とは株式市場に上場していない株のことです。

ベンチャー企業などが保有し「近く上場するので高値がつく、儲かる」という触れ込みがありますが、これを利用して偽の未公開株を売りつける詐欺が常態化しています。

気を付けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加