キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 安全なのは株式投資よりも投資信託? : 株初心者解決マニュアル

安全なのは株式投資よりも投資信託?

株式投資より投信の方が安全ですかという質問をよく目にします。株の初心者は株式投資と投信の違いを知りましょう。

安全なのは株式投資よりも投資信託?

株の初心者だからといって安全ばかりを気にしていたら投資を楽しむことはできません。

投信は安全ではありますが、株式投資とはまったく異なるものです。

その違いから勉強しましょう。

◎株式投資と投資信託の違いとは。

一般に言われている株式投資というのは、自分でネット証券などに口座を開いて、個人で株式に投資することです。

投資信託というのは、自分で売買するのではなく、プロにおまかせしてしまう投資商品のことです。

投資信託は、投資の対象が株式だけとは限りません。

各国の国債を中心にした投信もあれば、特定のくくりを対象にした株式の投信もあります。

たとえば新興国や資源国に絞った株式ばかりを集めた投信商品もそうです。

プロが投資してくれるので、大損する確率は少なくて済みます。

◎投信はプロに一任する投資スタイル。

投資信託で一般の投資家が勉強するのは、最初に投資商品を選ぶときだけです。

それに対して株式投資は自分で売買するので、取引方法も売買のタイミングもすべてが勉強になります。

株式銘柄の企業の事業内容を、個人投資家としてどう評価するか、将来性は高いかなど、そうしたことを自分で勉強し株式売買の結果を1つの教訓として学んでいきます。

したがってプロにお任せしてしまう投信と自分で行う株式投資を、同じ土俵に上げてくらべるものではありません。

同じ投資でも異質なものです。

◎初心者が行う株式投資と投信。

どちらが安全かという比較なら、投資信託のほうが安全に決まっています。

投資について「株が安全か、投信が安全か」という比較だけなら、プロに一任する投信が安全です。

しかしどのような投資でも元本保証ではなく、詐欺まがいのプロの勧誘もあります。

本当の安全はそうした悪の手に載せられないことであることを認識しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加