株の初心者は長期投資のスタンスが大事。短期的な投資と何が違うの?

株の初心者は長期投資がいいと言われるのはなぜでしょう。投資期間によってさまざまな事が考えられます。

株の初心者は長期投資のスタンスが大事。短期的な投資と何が違うの?

株の初心者は長期保有がいいと言われるのは、そうすることでが株式銘柄と業界・世の中の動きがよくわかるからです。

長期・中期・短期、それぞれの投資スタイルを知っておきましょう。

◎企業の成長を応援する投資から。

株式投資には長期・中期、短期という3つの投資スタイルがあります。

短期とは、日数に関係なく、株価の値動きに応じて株を売買し差益を出すやり方です。

デイトレーダーなどと言って、1日にいくつもの銘柄を売買して利益を出す人もいます。

中期というのは3ヶ月~半年を目安にした株取引で、主に季節銘柄と呼ばれる株式が対象になります。

長期というのは1年以上特定の株を保有して、企業の成長を応援する投資スタイルのことです。

◎株式とニュースを連動して考える。

株を保有したら新聞記事やネット上の関連記事をよく読むようにしましょう。

3万円程度の少額投資でも、自分で株に投資すれば世の中のニュースに感心がわくようになります。

業界と会社の動きを知れば、それで株価がどう連動して動くのかがわかるようになります。

株の初心者であれば、まずは長期的な投資から始めて中期・短期へと移行していくことをおすすめします。

長期なら株主優待のいいところ、中期ならそれとは関係なく売買益重視といったように、保有の長さで投資スタイルを変えるやり方もあります。

◎短期的な投資は株取引に慣れてから。

初心者のあいだは欲を出さずに株の本質を知ることに注力しましょう。

初心者は、長期投資を行うことでその銘柄の株価の動き、業界の動きがよくわかるようになることから、「短期・中期より長期保有」と言われています。

一攫千金を狙った短期的な投資を真似ても大損することが大半なので、初心者のうちは我慢しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加