PR会社の仕事

PR会社が扱っている業務内容は、非常に幅広く、企業がどのようなPRを必要とするのかによって、企業側がPR会社を選べる時代となりました。

PR会社のメインとなる業務は、メディアに対してクライアントである企業の情報や企業が売りたい商品の情報を効果的に発信して、メディアに取り上げてもらうことです。

情報を取り上げるかどうかは、メディア次第ですから、PR会社がどのようにメディアにアプローチし、信頼関係を深め、興味をもってもらうかが、非常に重要なポイントとなり、これらの業務をこなすには、経験とスキルが必要とされます。

ですから、多くの企業は、自社の広報担当者のみによってPR業務を行うというよりは、PR会社からアドバイスを受けたり、PR会社に業務を代行をしてもらったりしていることがほとんどです。

大手のPR会社の多くは、総合PR会社と呼ばれており、PR戦略から、企画、リスク対応、そしてメディアトレーニングまでと、さまざまな業務内容をカバーしています。

また、メディア媒体においても、テレビ、雑誌、新聞だけではなく、ウェブサイトに対するPRに対しても幅広く対応しています。

大手に対し、小規模なPR会社は、全ての分野をカバーすることが困難であることから、美容業界、IT業界などと、特定の専門分野や業界をターゲットとした業者が多いようです。

特定分野・業界に搾り業務をおこなっていることから、その分野・業界に対する知識が非常に高く、また専門誌やメディアとのネットワークも強いことがメリットです。